« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年3月

麒麟の翼

だーいぶお久しぶりに映画のレビューでも。

近況報告は4月にならないとできないんで、とりあえず1年間を終えたことだけはお知らせします。

大変だったけど、本当に楽しい1年間だったな。

卒業式も、やっぱり素敵な時間だと実感してます。

さて、ちょっと前に「ステキな金縛り」を観てきました。

三谷作品はいつも笑わせてくれますね、今回も西田敏行は素晴らしい!

深津絵里も「悪人」とは180度違う、かわいさ抜群でした。

そして今回は「麒麟の翼~劇場版・新参者~」を観てきました。

主題歌と共に、予告編を観て気になっていた作品です。

キーパーソンが中井貴一、役者陣も精鋭ぞろいということで間違いないだろうと思っていました。

やはり、中井貴一!!

ネタバレになるのであまり書けませんが、彼の父親としての思いがひしひしと伝わる演技、その存在感、圧倒的です。

「容疑者Xの献身」もそうだったけど、東野圭吾の映画はヒーローよりもその相手とか準主役級の役者が素晴らしいね。

石神を演じた堤真一、最高だったし。

今回も、阿部ちゃんはもちろんいいんだけど、やっぱり中井貴一がもってった感がありますが、それで十分素晴らしい。

ただ「作者の最高傑作」という割には、タイトルの意味や内容(事件や過去)に若干強引さが感じられ、ストーリーそのものはまぁまぁ。

ストーリーだけならシリーズの長編ドラマ「赤い指」の方がずっと良かった。

でも観て良かったな、久々に邦画に浸れました。

次は…「コナン」!?

「SPEC」も待ち遠しい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »