« 二ノ国 | トップページ | ○年ぶり!? »

感動の「悲愴」

昨日、学大オケの定演に行ってきました。

午後イチで学校に行き、諸々の残務をこなし、ちょっと早めに立川に入りました。

と言っても16時半過ぎだったので、そんなにのんびりは出来なかったのですが。

17時半までカフェで本を読み、ルミネで差し入れを買ってから、歩いて会場まで向かいました。

今回のプログラムは私の大好きな「悲愴」ということで、前日の残業の間に予習も済ませてからこの日を迎えました(笑)

会場に着くなり、後輩・同輩の懐かしい面々にちょこちょこ遭遇し、再会を喜びました。

でも、その前に入った人も多かったのか、それほどたくさんの人に会ったという訳ではなかったですね。

座席はトロンボーンの正面の席、お気に入りの場所です♪

前プロ、本ちゃんの音、さすがです。

めちゃめちゃ飛んできてたな、やっぱ上手いわあのコ。

打楽器のシンバル群が好きな曲です。

中プロ、難しい曲だったね。

ああいう曲を出来ちゃうんだから、すごいよなぁ。

休憩を挟んでいよいよ期待の「悲愴」

木曜に後輩からメールをもらっていて、「めちゃめちゃ期待してるからね」と伝えてあったんですが、その期待を上回る超名演!!!

第一楽章から感動しっ放しでした。

やっぱり私はトロンボーン吹きなので」そこを重点的に聴いてしまいますが、いやーすごかった。

あの子達、特に千尋はあんなにブリブリ吹ける子だったっけ!?と思うほど、頼もしいトップでありました。

つじくんはバストロで安定感のある3rd、かずしは「悲愴」への愛が音に込められていました。

そしてパートとして、セクションとしてまとまった演奏。

第三楽章の気合の入った音、ガンガン飛んできました。

4年間の全てを込めたという第四楽章のコラール、染みました。

そうそう、私の好きなポイントでもある第三楽章のシンバル、めちゃめちゃよかった!!

自分の持ってる音源のどのシンバルよりもよかったです。

トロンボーンのコラールが終わり、最後の音が消えた瞬間、もう完全に泣いてました。

「今日はブラボー言いたい!」と思っても、もう声すら出ない。

拍手が限界でした、だからせめてその拍手に精一杯の心を込めて…

ホルンのみんなもペットのみんなも、そして木管勢、弦楽器勢全てがいい反応を起こしてましたね。

本ッ当に素晴らしい演奏でした!!

アンケートはほとんど書けませんでした、だって言葉では言い表せないほど感動したんだもの。

直接この感動を伝えようと楽屋にまでお邪魔しましたが、思うように話が出来なくてごめんね。

やっぱり言葉に出来ませんでした(この記事もそうだけどw)、でもホントに素晴らしかったよ。

成長したね、みんな。

巣立つ雛鳥を眺める親鳥の心境です(笑)

かわいい後輩達みんなに会えてうれしかったです。

ただ、楽屋で話をした際に、「先輩の好きな曲だと聞いていたので」と何回言われたことか。

そんだけ影響を与え、プレッシャーを与えてたってことかね。

…ごめんなさい(^_^;)

実に心に残る名演奏、師走のこの時期に疲れ切った心を癒してくれました。

やっぱり聴きに来てよかった!!

お疲れ様でした。

その後は来ていた同輩達で同窓会的に飲み屋へ。

広井先生も仰ってたけど、こういう機会に同窓生で集まれるって素敵だよね。

久々のオケのノリでの飲み会、めっちゃ楽しかった(^ω^)

相変わらずのテンションと、相変わらずの馬鹿話、それでも少しずつ変化しているそれぞれの生活。

近況報告なんかもあって、こういう場って大事だなぁとつくづく思いました。

次は新年会でぜひ!!

今年ももうあと2週間、2学期ならもう数日です。

力をもらったのであとちょっと頑張れそうな気がします。

新年会も楽しみにしながら、今年の締めくくりをしようよ思います。

|

« 二ノ国 | トップページ | ○年ぶり!? »

文化・芸術・娯楽・趣味」カテゴリの記事

コメント

そうね、服務事故には気をつけないと(^_^;)
あの感動はきっと握手でも十分伝わったはず。
そう、言葉はいらないのさ(ぅゎー)
新年会、またみんなで楽しみたいね♪

投稿: D | 2010年12月20日 (月) 22時22分

感動したねsign03happy02
俺も感動しすぎてかわいい後輩たちに抱きつきたかったけどセクハラになるのでやめました(笑)

飲み会もありがとう!新年会が楽しみだねsmile

投稿: りっきー | 2010年12月20日 (月) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/38139809

この記事へのトラックバック一覧です: 感動の「悲愴」:

« 二ノ国 | トップページ | ○年ぶり!? »