« 大奥 | トップページ | SP 野望篇 »

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

またまた滞りまして…。

先週誕生日を迎えまして、四半世紀を生きた年になりました。

言い換えると、人生の1/4~1/3を過ぎたことになります。

…そぉかぁ、もうそんなに生きたんだねぇ。

今後の人生をどう生きるか、そろそろもっとしっかり考えないと、です。

で、今週は初任者指導訪問がありまして、5年生「単位量あたりの大きさ」で授業を公開しました。

1学期の時より多くの先生方が見に来て下さって、いろいろなお言葉やご指導を頂きました。

そして市教委の先生からも様々なアドバイスを頂きました。

基礎コースの児童なので、問題文の読解(国語的に)とか、話し合い活動の入れ方とか、めあてに見合った指導など、すぐにでも活用していこうと思います。

でも、子ども達はすっごく頑張ってくれていたし、期待していた反応もちゃんと出てきたし、計算は苦手だけど熱心に取り組んでいたし、子どもに救われた授業でした。

前日までは久々に遅くまで学校に残って、家でも緊張してたけど、授業も終わり少し肩の荷が下りました。

次は11月に初任研の授業とOJTの授業を兼ね合いで公開します。

しかも運がいい(!?)ことに、その日は都教委が業間運動とか研究とかの視察と一緒にOJTの視察に来るそうです。

まさかの都教委に公開授業、しかも初任者が。

あー、参った…

来週からもうすぐに指導案を作り始めないとなぁ。

土曜日は楽しみにしていた映画「インシテミル」を観に行きました。

原作は「このミス」の作者別で1位のミステリー小説。

正直、すっごく期待していただけにちょっと残念な感じでした。

設定が最後まで生きていなくて、せっかく面白い「探偵役と犯人役」とか、「判決は多数決」とかの設定が、最初はもちろん大事にされてるんだけど、後半からは何でもなくなってるのです。

それが後にも書くけど頭脳戦や心理戦に徹し切れていない理由かも。

あと、人物1人1人のキャラ設定が甘いのか、それによる話の展開が薄いのか、人間があまり生きてない気がします。

そもそもなぜあの場に集められたのかの理由設定もあまり語られず、入り込みに欠ける訳です。

オチも「あぁ、こういうパターンね」というお決まり的なもの。

R指定もついてないので、「告白」のようなショッキング性もないです。

映像も一部ちゃっちい感じがしましたしね。

そして「デスノート」や「カイジ」のような痺れる頭脳戦も少なく、惜しい。

そう、全体的に惜しくてもったいない映画でした。

でもキャスティングは良かったんじゃなかな??

綾瀬はるかは綺麗だなぁ、と単純に思いました。

が、キャラの設定はイマイチ。

藤原達也は、ファンとしては残念。

カイジと何ら変わらないです。

せっかくスクリーンで観るなら、もっと別の藤原達也が観たい。

今作で光っていたのは武田真治と石原さとみかな。

武田真治はぶっ飛んでていいね、予告編でも気になってたけど、いい演技してます。

でも断トツは石原さとみ!!

今作でファンになりました(笑)

きれいなのは分かっていたけど、この作品でよいと思ったのはそのきれいさを捨てて、しっかりとホラーの顔になっていたこと。

守りに入ってかわいく「キャー♡」なんて声を出すようなことはせず、「ウワァー!!」と顔も一緒にしっかりと演技をしている。

恐怖に駆られ、奇行に走る姿もすごくいい。

女優としての新境地、と言ってしまえば簡単だけど、今までのかわいいだけの女優ではなく、いろいろな顔を見せられるということが分かりました。

いや、あの顔は素晴らしい(爆)

それで言うと、平山あやもなかなかにいい顔でした(^_^)

そして映像はさっすが中田秀夫監督、ドキドキハラハラな雰囲気作りはばっちりです。

「何か来るんだろうな」と思わせて惹き込んで、しっかりと期待に応える映像。

密室という設定も手伝ってか、ドキドキな空気はとてもすごいです。

そんな感じで、キャスティングは豪華で誰が犯人でも、誰が殺されてもおかしくはない(予想は簡単にできてしまったけどw)です。

しかしせっかくのもっともっと面白くなりそうな設定が活かし切れておらず、オチにも不満が残る。

どうやら原作は結構違うところが多いらしく、もしや“やっちまった”系なのか!?

ただ空気感は非常に好きな感じだし、役者さん達の光る演技も見られましたので、まぁまぁってとこかな。

「13人の刺客」がまだ観られていないな。

今月末には「SP」の公開も控えてますので、そちらも楽しみです。

さ、来週は土曜公開です。

4日、4日と続いてきての6日勤務。

土曜日には3年生の「オーケストラの楽器」にゲストで登場予定なので、月曜から少しずつ練習しておかなきゃいけないな。

参ったね、こりゃどうも。

|

« 大奥 | トップページ | SP 野望篇 »

文化・芸術・娯楽・趣味」カテゴリの記事

コメント

久しぶりだね!!
カイジは元のまま放送は無理だよ、禁止用語も表現も盛り沢山だったからf^_^;
本文にも書いたかもだけど、藤原竜也はファンだから期待しちゃうのよ…
もちろん今後も期待するけど☆
ブログ更新、楽しみにしてるよo(^-^)o

投稿: D | 2010年10月26日 (火) 19時34分

結局藤原達也はカイジから抜け出せなかったのね(笑)

この前テレビ放送版カイジを見たけど、いろいろとカットされてて残念sweat01


あ、ブログまた近々更新します(笑)

投稿: りっきー | 2010年10月25日 (月) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/37277801

この記事へのトラックバック一覧です: インシテミル 7日間のデス・ゲーム:

« 大奥 | トップページ | SP 野望篇 »