« Colorful カラフル | トップページ | BECK »

踊る大捜査線 THE MOVIE 3―ヤツらを解放せよ!―

この夏最後の締めくくり。

思えば今年の夏は話題作も注目作も目白押しで、私も時間があれば映画館に通っていた気がします。

人生で一番映画館に行った夏かも知れません。

その甲斐あってか、観ようとしていた作品は全て網羅出来たんじゃないかな!?

自分でもビックリです(笑)

さて「踊る」ですが、様々なレビュー等をご覧の方はご存知かと思うのですが、正直評価がめちゃめちゃ低いです。

すっごく楽しみにしていた作品だけにとても残念だったのですが、やはり観ないことには語れないだろうってことで観に行ったのでした。

そうですねぇ、思っていたほどひどくはなかったという感じでしょうか。

先入観が低過ぎたってのもあるんだけどさ。

踊るらしい小ネタとか伏線とかもちゃんとあったし。

やはりキャラは際立ってるので結構笑わされますよ。

ただ、全体的にこれまでの踊るとはテイストがかなり違う感じがしました。

OPがいつもの曲じゃなかったり、そもそも音楽の担当が変わっていたり、物語自体も暗めだったり…

そういう今までと違うってのが低評価に繋がっているのかな、なんて思ったりもしました。

そう、これまでは散りばめられた伏線や小ネタも、最後には全てが1つに繋がっていましたが、今回はそれぞれが単発な感じがしましたし。

特に許せないのがオチ!!

どういう終わらせ方をしたかったのか!?

オチなのでやはり詳しくは言えませんが、今までの青島なら絶対にあんな風に終わらせはしなかったはず。

あれじゃ青島も敵役もキャラを活かしきれていない、もったいない!!

お馴染の決めゼリフも軽ーい感じがしたし。(え、ここで!?みたいな)

今回は室井さんがこれまで青島達と事あるごとにぶつかっていた「円形の暗い会議室」の中に入るシーンがあり、「あぁ、そんなに偉くなったんだなぁ」と思いました。

ただその分出演は少ないし、重要性もあまりない…

何より和久さんがいないのがファンとしては寂しい限り…

新しい踊るが始まったと思えばそれなりに観られるかもしれないけど、残念なのは残念です。

日向真奈美(キョンキョン)を使いたかっただけの映画なのかも、とも思ったり。

「ヤツら」もそんなに出てこなかったし(半数が写真のみ。懐かしさは感じるけどこれも残念)

他にもツッコみたくなる箇所(セキュリティとか犯人の動機とか岡村さんの扱いとか)や気に入らない展開(閉鎖された警察署内のゴタゴタとか)などもありますが、それなりに楽しめたかなぁ。

次回作はもうないと思うけど、やっぱりやるのかなぁ。

あのオチで終わられても、逆に消化不良だし…

総評、踊るらしさが消えた踊る。

面白いけど、物足りない。

そんな感じ。

9月は毎週順々に観たい作品が封切られます。

「BECK」から始まり、「悪人」「ガンダム00」「君に届け」、そして10月末にはいよいよ「SP」です。

今後も邦画から目が離せませんよ(爆)

月曜からは学校が始まり新学期準備、水曜はいよいよ2学期の始業式です。

今の内からリハビリしておかないと。

仕事溜まってそうだなぁ、やだなぁ…(-o-;)

|

« Colorful カラフル | トップページ | BECK »

文化・芸術・娯楽・趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/36447270

この記事へのトラックバック一覧です: 踊る大捜査線 THE MOVIE 3―ヤツらを解放せよ!―:

« Colorful カラフル | トップページ | BECK »