« ライオン・キング | トップページ | お泊まり学習 »

そうだ、京都行こう

週末に京都へ行ってきました。

齢25(あと2カ月)にして、初めての関西圏、初めての京都です。

お恥ずかしい限りです。

しょうがないよね、中高が北海道だと「修学旅行はやっぱり京都」ってことにはならないんですから。

いやぁ、古都京都にて日本の素晴らしさを目の当たりにしました。

まだまだこんな素敵なところが残されていたんだなぁ、と。

昨年の夏は自身の将来のための戦いで、小さなお出かけをちょこちょこでしたが、今年はしっかりと旅行です☆

朝もそこそこ早く起きて、と言っても学校よりも1時間半早いくらいですが(十分早いか)

中央線(やはり混んでる)の東京駅から新幹線に乗り換え、指定席が空いていたので購入。

考えてみれば帰省の期間だから下りは意外と空いているのかも??

京都に着いたのが10時前、正味2時間半ほど乗車して、そこからは特急「はしだて号」に乗り換え。

そうです、旅行1日目は日本三景の一つ「天橋立」へ行ったのです。

電車に揺られること1時間半、自由席でも奇跡的に座れたので辛くはなかったですが、さすがにちょっと長かったかなぁ(^_^;)

天橋立駅に着いたら、最初からチェックしていた名物「あさり丼」を食しました。

あさりがごろっと入っていて、出汁がしっかり効いていて風味がたまらんです。

一緒のお吸い物もおいしかったです♪

あ、もちろん写真も撮ったんですがデジカメの写真をその都度小さくして載せるのが若干面倒なので、現時点では割愛します。

何らかのいい方法が思いついたらアップしたいですが。

デジカメの他に、携帯でも写しておけばよかったなぁ…

食後は腹ごなしも兼ねて天橋立を歩き切りました。

意外と大した距離じゃないんだな、と思いました。

途中に海水浴場もあるんですが、そこは夏休み、いっぱい人がいたので泳ぎませんでした。

ただ、湿度が高くムシムシジメジメで汗もかいていたので、泳げないのはちょっと残念orz

松の並木がとってもいい雰囲気で、なかなか見事な松もあり、散歩だけでも十分楽しめました。

対岸まで着いたら展望台へ。

いわゆる「股のぞき」というやつをやってきました。

普通に見てもいいんですが、錯覚を利用した逆さに覗くのが「股のぞき」です。

私も最初は「そんなに違いなんてないでしょー」とか思っていたのですが…

すみません、見くびっていました。

ホントに全然違うんです!!

いやぁびっくり、人生観変わっちゃうかも。

展望台では有名な「かわらけ投げ」もしました。

3枚のかわらけを離れた輪の中を通すってやつ。

私は2枚目だけ通りました。

願いが叶うといいな(*^_^*)

野球をやっていそうな男の子が超上手でした(笑)

雨も降ってきたので、お土産屋さんで地ビールを買って宿へ行きました。

ちょっと贅沢な宿でちょっと贅沢なお夕飯、いくら社会人とはいえこんなに贅沢しちゃっていいのかな!?

たまの旅行だから、ま、いっか。

2日目です。

おいしい朝食を頂いて、満喫した宿を後にしました。

この日も気温・湿度共に高めの中、京都市内の散策です。

京都といえば数多くの寺社、どうせなら有名なお寺を見てみたい!!

ということで、京都駅に着いたらバスの乗り放題券を買い、お寺巡りをしました。

まずは足利義満が建立した鹿苑寺金閣へ。

京都駅から直通のバスが出ており、ちょうどそれに乗れたのはラッキーでした。

めっちゃ人多かったけど。

金閣、綺麗ですね。

「この角度が写真の角度か」なんて、観光客丸出しでした(^_^;)

次はそこから歩いて行ける龍安寺へ。

そう、かの有名な「石庭」です。

日本史選択の私が一番苦手だった「文化史」、それでも「石庭」はめっちゃ記憶に残るんですよね。

その実物を見てきました。

鹿苑寺から歩くこと20分、途中で立命館大学(私の出身高校の親大学です)を通り過ぎ、ちょっと高校のことや友人のことを思い出しながら到着。

「石庭」は、「天橋立」よりも何だか人生観を変えられるような気がしました。

想像していたよりも小さかったんですけど、やっぱり何か力を感じました。

実際に行かないと分からないことってあるんですねぇ。

続きましては慈照寺銀閣に向かいました。

時間も時間で、間に合うかどうか賭けでしたが、バスの接続もよくて何とか見学出来ました。

途中で「五山送り火」の「大」(もちろん着火前)を見つけられたのはラッキーでした。

さて、足利義政が建立した銀閣ですが、「え、これ!?」と思うほどいきなり目の前に現われました。

意外なほどに。

やはり実際に行かないと…(以下同文)

金閣の周りの湖もよかったけど、銀閣の周りの砂も素敵でした。

それぞれがそれぞれの良さを持ってるって訳ですね。

ひと通り見学を終え、チェックしてた甘味処「銀閣寺き(七が3つ)み家」で宇治金時を頂き、リフレッシュして再出発。

京都市街へ戻り、夕食のことや何かを考えながら「よーじやカフェ」で一服し、食事へ。

京都といえばおばんざい、ということでそんなお店を探して、おいしい食事とおいしいお酒を頂きました。

1つ1つが超おいしくて、つい食べ過ぎてしまいました。

地酒もおいしかった☆

昨日の宿で贅沢したので、この日の宿はかなりお安く。

バランスが大事なんですよ(笑)

3日目は「伊右衛門カフェ」でどっぷり和食の朝ご飯を頂いて始まりました。

雰囲気がとてもよく、やはりお茶もおいしかったです。

夜にはお酒も飲めるようなので、次はそちらの方も楽しみたいな。

食事を終えたら、この日もバスに乗って京都散策。

まずは三十三間堂へ行きました。

ホントに長~い。

宮本武蔵の決闘でも描かれるここは、千体もの本尊で有名ですね。

一体一体の表情が微妙に異なるのがすごいと思います。

とても厳かな空間でした。

続いてはかの有名な清水寺へ行きました。

ちょうど三十三間堂からバスが出ており、またもすぐ乗れたのはラッキーでした。

さすがは清水寺、観光客の数もハンパないです。

舞台に行く前に「胎道」を歩いてきました。

仏様の胎道を模しているようで、内部は真っ暗!!

文字通りで何も見えません。

手すりだけが頼りで、前の人の雰囲気すら掴めません。

出口の直前にある光に触れて願いを唱えると叶うらしいです。

いいことあるといいな。

そして本堂を回ってから舞台へ。

すごい見晴らしでした。

噂の「清水の舞台」、舞台の下の造りも立派でした。

やっぱり来てよかった。

そのまま順路に沿って歩き、途中の地主神社にも寄って一通り回りました。

かなり歩いたな…

お昼はお寺の下にある「総本家ゆどうふ奥丹」で、おいしい湯豆腐と冷奴を頂きました。

他の田楽や天ぷらなどの料理も非常においしくて、すごくいいお昼でした(^ω^)

午後はそのまま歩いて霊山護国神社へ向かいました。

ここは幕末の志士や維新の立役者などの墓が多くあり、あの坂本龍馬の墓があることでも有名ですね。

もちろん私もそれが目当てで、龍馬と中岡慎太郎のお墓に手を合わせてきました。

感慨深いです、今大河で観ている龍馬様のお墓の前に自分がいるなんて。

他にも高杉晋作や久坂玄瑞、そして桂小五郎(墓には木戸孝允)と妻の幾松のお墓にも参ってきました。

いけないけどテンション上がった(^_^;)

私のように「龍馬伝」を観てここに来ている人も多いようでした。

そういうところからでもいいから、歴史に興味を持つっていいですよね。

帰り道に「五重塔」を穴場スポットから激写して祇園へ向かいました。

ここでは「辻利」の本店へ行く予定だったのですが、本店は改装のため仮店舗で営業中、しかもディズニーレベルの待ち時間だったので断念。

でもこのまま引き下がるのももったいないので、おいしそうなお茶(水だし)を購入、職員室に持って行って飲みます。

その代わりと言っては失礼ですが、せっかくなのでお茶のお店でおいしいアイスを食べました。

本にも載っていないお店だったので、開拓できてよかったかも!?

一休みしたら祇園さんでお馴染の八坂神社へお参りし、お土産を買いました。

西利の漬物はどれもおいしかったんだけど、特に気に入ったものを1種類だけ。

あと大好物の八ッ橋(生)を購入。

もちろん家族と学校にも。

新幹線の都合もあるので少し早目の晩ご飯は「そば処おかる」というお店で名物のカレーうどんを頂きました。

しっかりと出汁がきいていてすっきりめのお味、もちろんウマス(^ω^)

他にもおいしそうなメニューがあったから、ここもまた寄りたいお店ですね。

楽しかった旅行もそろそろお時間で、名残惜しいですが京都駅へ。

かなり時間がギリだったので、ちゃちゃっとお土産(地酒♪)を買い足し、新幹線で飲み食いするものを買って乗車。

行きと同じように乗り継ぎをして、日付が変わる直前で帰宅しました。

よく食べて、よく歩いて、よくリフレッシュ出来たいい旅でした。

カードの決算が怖いけど、また年末まで遊べないことを考えればこれぐらい抜くこともいいよね。

次はどこへ行こうかなぁ、北もいいし、南もいいな。

ヨーロッパとか欧米、韓国や中国とかも行ってみたいね。

海外なんてベトナムしか行ったことないんだから…(逆に珍しい!?)

2週連続で泊まりに行ってきましたが、何とまた週末に泊まりがあります!!

コロコロバッグが大活躍です(爆)

そのことはまた次に。

長々とお疲れ様でしたm(_ _)m

|

« ライオン・キング | トップページ | お泊まり学習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/36309815

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、京都行こう:

« ライオン・キング | トップページ | お泊まり学習 »