« 始業る | トップページ | ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 »

BALLAD~名もなき恋のうた

そう、お出かけというのは今日も映画に行ったのです。

作品は本日から公開された「BALLAD~名もなき恋のうた」です。

この作品は私が観たかったというよりは、前回に20世紀少年に付き合ってもらった分の埋め合わせみたいな感じで行ってきました。

感想としては…う~ん。

正直期待はしていなかったから、それ以上でもそれ以下でもないって感じ。

以下、詳細な見解。

まずよかったこと。

①「クレヨンしんちゃん」の名作中の名作と言われる「アッパレ戦国大合戦」が原案になっているだけあり、それなりに話はよかった。

②新垣結衣がかわいいし、人物として適役。

③大沢たかおは素晴らしい。

④実は主題歌がいい。

①については私も好きな話だったので、よいだろうことは分かってました(リメイクされた「HACHI」が違和感がありつつも一応は感動出来るように)

②はそのまんま。

簾姫という美しく、それでいて愛する人の無事をひたすらに祈り、自身も一本の芯が通った凛々しい人という役柄にしっかり見合い、性格や佇まいもぴったり。

好きになりました(笑)

③についてですが、大沢たかおは何をやっても絵になるし、かっこいい。

今回は完全に悪役だったのですが、それもかっこいい。

後でも書きますが、又兵衛の役は大沢たかおでもいいんじゃないかな??

④はCDでも借りて聴きたいです。

続いて残念だったこと。

①つよポンの演技。

②映像の違和感。

③そもそも原案があることについて。

④タイトル。

①はですね…どうしようもないんだけど、それでも残念でした。

新垣結衣が頑張ってて、大沢たかおもいてだと、主役なのにかなり浮いてしまうように感じました。

だから又兵衛は大沢たかおでもよかったと思えるのかも知れない。

大沢たかおが又兵衛なら、大倉井(悪役)は誰だろう??

個人的には香川照之かな、タヌキおやじの演技が似合いそう。

…平均年齢が大分上がってしまうけど、ね。

いろいろ偉そうでごめんなさい。

②は何かね、実写とCGとか場面ごとの切り替えの時にすごく違和感があったんだよね。

「あれ、今のって!?」って思えるくらい。

上映施設(機材)が悪いのか、そういう作品だったのか…分からないけど。

③は上の①と相反することですが、そうなんです。

この作品は、そもそも「アッパレ~」を原案とする必要があったのだろうか。

確かに合戦のシーンは迫力も緊張感もあったし、恋愛のシーンも(新垣結衣が)よかった。

でも、ただこれが描きたいのであれば別に原案としてしんちゃんを取り上げる必要はない訳で。

「アッパレ~」がいいとされるのには理由がある。

それは「現在と戦国の時代と文化を超えた交流、シリアスで哀しい場面があれば、野原家やしんちゃんの登場・交流で心和む」ことが第一に挙げられると思う。

しかしこの作品はどうだろう。

交流のシーンがない訳ではない。

でもウェイトの置かれ方が合戦や恋愛模様に置かれ過ぎたせいか、全体的な割合は少なく、合戦に乗り込むのも「これだけ!?」ってくらい。

「別に野原家(映画は川上家)いらないじゃん!!」と思ってしまうほどです。

「アッパレ~」を原案とするのであれば、絶対に交流やタイムスリップしてきた家族の方に焦点を当てなきゃいけないはず。

それが戦国時代に来ることも含め適当になってしまい、見当違いの方向へ焦点を当ててしまったがために私には物足りなさが残ってしまったのかも知れないです。

ここまでで十分長いけど、最後の④です。

劇中に「名もなき恋のうた」が出てこないのであれば、この「名もなき恋のうた」って何ですか!?

「BALLAD」って何ですか??

…ふむぅ( ̄ヘ ̄)

いろいろと偉そうに語ってしまってすみません。

イチ視聴者の意見として、聞き流して下さい。

そしてぜひ、「アッパレ戦国大合戦」を観て下さい(^_^;)

立川はもう飽きてきたので、国分寺のホルモン焼肉屋で肉をしこたま食べて、腹ごなしにムサコツタヤへ行きました。

「アッパレ~」が借りたかったけどある訳もなく、もう1つの好きな作品「オトナ帝国」を借りて帰りました。

この作品も好きなのは、やっぱしんちゃんがすごくいいんだよね。

家族に会いたい、家族と一緒に未来を生きたいという思いが胸をアツくします。

「20世紀博」と劇中で描かれる世界は、「20世紀少年」で観たような世界観でした。

いろいろ言いたいことはあるけれど、「BALLAD」みたいにしんちゃんを実写化して当たりでもしたら、「何だ、出来るんじゃん」みたいになって「オトナ帝国」も実写化されてしまうのが怖い。

昭和の風景なんて、それこそ「20世紀少年」や「Always」なんかでも作りだされている訳ですし。

あーあ。

夜遅くまで映画を観た翌日の日曜日は特に何もしませんでした。

買い物に出たくらいかな??

あとは家で溜まった洗濯をしたり、校長に求められた「2学期の指導方針」みたいなのを用意。

「指導方針」なんて、1学期に「専科経営方針」を出してんだからそれを見てくれよとも思いつつ、「自分も子どもや算数の見方が変わったりしたもんなぁ」とも思いながら書きます。

とりあえず従っときゃいいでしょ(ぉ

さて、いろいろありましたが明日からまた頑張ります。

|

« 始業る | トップページ | ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 »

文化・芸術・娯楽・趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/31258909

この記事へのトラックバック一覧です: BALLAD~名もなき恋のうた:

» BALLAD [あすかのささやき]
Song of Robin Hood価格:¥ 2,025(税込)『キッズ(だけ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 23時11分

« 始業る | トップページ | ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 »