« 掃除る | トップページ | 変更る »

判明る

そうそう、金曜日には「20世紀少年 もう一つの第2章」がやってましたね。

前の「もう一つの第1章」はなかなかよかったけど、今回のはイマイチだったな。

だって、とってもジーンとくるサダキヨのシーンが一切カット。

それじゃあストーリーに深みが出ないよ。

ホントに、あらすじを辿ってるだけのイメージだもんな。

唯一よかったのは、マルオが自爆しようかと葛藤するシーンが追加されていたこと。

あれは本編にも欲しかった。

総合的に「イマイチ」だったけど、まぁ内容を思い出すくらいにはなったか。

日曜日に向けて、ね。

土曜日はウィンドの本番でした!!

早めに行って他の学校を聴いていました。

吹奏楽を懐かしく思ったり、中高のオケが出ていて戻りたいと思ったりして。

和太鼓の団体が多いと思いました。

その中に超上手な女の子がいました。

叩き方、ノリ、魅せ方、声、そのどれもが他の子や他団体を圧倒していました。

抜群。

スカウトしたくなりました(笑)

後で養護の先生(一緒に本番に乗ってくれます)に話してみると、「私もそう思った(上手だね)」だって。

やはり。

…また思いっ切り音楽やりたいなぁ。

お昼を食べに出たモスで、子どもに遭遇しました(^_^;)

ぼちぼち集合時間になり、いつも遅刻してくる子はこの日も遅刻してきて先生方をひやひやさせ、チューニングをして、リハをして、あっという間に本番の舞台袖。

HP用に持っていたデジカメで、袖の様子を激写。

本番の写真は校長や関係者の方が撮ってくれるだろうから、私はそういう手の届かないところのレア写真係り(笑)

そして本番。

何人かに「さぁ、楽しい音楽の時間だよ」って言ったら、「のだめでしょ~」ってばれちゃったけど、ホントのことだもんよ。

子どもの音楽を邪魔しないように、輪郭と音量の底上げを意識して乗りました。

楽しかったな。

こういう風に、世代を超えても一緒に作り上げることが出来るから、「音楽」ってホント素晴らしい。

途中、横目で見てみたけど、子ども達もいい顔してたよ。

案外、聴きに来ていた先生方を見つけられなかったです。

終演後は私用のためすぐに失礼させて頂きました。

子ども達を目一杯、直接褒めてあげたかったけど、それはまた今度。

ホントに楽しかったです。

10月にも校内で音楽会が開催されるので、その時も楽しい音楽をしよう。

振らなきゃだし…。

私用のためすぐに失礼させて頂き、東府中の駅へ。

途中で同僚の先生に会い、自転車を預かってくれました。

感謝。

浜松町へ移動し、四季劇場へ。

17時半開演の「ユタと不思議な仲間たち」の会場へは、10分前に到着。

何とか間に合ったね。

さぁ、この夏最後のお楽しみ。

「ユタ」もね、すごく素敵な作品でした。

「夢から~」とは違う、何かジ~ンと心に染み入るような後味と感動がありました。

「夢~」はもうボロボロ泣くから、私は(^_^;)

最後は切ない感じで終わるんだけど、それも心に響かすための演出なのかね。

あまり派手さはないけど、しっかり魅せられました。

「友だちはいいもんだ」という曲が素晴らしかった!!

これはぜひ演奏出来るようになりたい!!

出来ればウィンドとかで取り上げて、歌ってもらいたいくらいに素晴らしい詞とメロディでした。

ちょっと気になることといえば、小夜子が最後の最後でオイシ過ぎじゃない!?ってこと。

ま、すごく素敵なシーンだからいいけどさ。

やっぱ四季はいいねぇ(* ̄ー ̄*)

国分寺に戻り、久々に空門で飲んで帰りました。

海ブドウが好きです。

お酒は当然好きですwww

ただ夏休みもこれでお終いかと思うと、さすがにさみs…

…いや、最後じゃないじゃないか。

明日も大事なイベントがあるんだから。

そんな訳で、行ってきました「20世紀少年 最終章」!!!!

いやぁ、感激ですわ。

この映画の内容は、簡単には書けません。

いや、書いちゃいけないんだと思う。

なので映画を観た人、個人的に語らいましょう。

観た感想を一言で言うなら、「すっきり」かな。

原作で消化不良だった内容が、原作者本人が脚本監修に携わったためか、しっかりいいところは残し、分からないところは新たに伏線を張り直したりストーリーを練り直すことで納得のいく出来に。

原作も読んでいる私は、「ここはそういうことだったのか!!」とすっきりの連続。

実写化されて失敗する例も多い中、これは成功と言えるんじゃないかな??

個人的には「デスノート」並みに、実写化で上手くまとめられた作品だと思います。

「そうだよ、ぼくだよ。ぼくが“ともだち”だよ」

ひぇ~、たまらんです。

最終章、原作ファンも、第1、2章を観てきた人もぜひご覧下さい。

すっきり出来ますよ☆

せっかくだから、もう少しケロヨンとかマルオとかコンチのシーンがあってもよかったかなとも思いつつ、上映時間2時間半強だから仕方ないかなとも思いつつ…

原作をもう一度読み返して、第1、2章をDVDで再チェックしてからもう1度観に行きたいかな。

今度はいろんな伏線に目を向けて観たいです。

でもこの「20世紀少年」という話、あながち起こり得ない話でもないんだろうな。

さすがにここまで来ると大袈裟だけど、こんな人間が出てきてもおかしくはないんだから。

そう思うと、結構リアルに観られるし、怖いかも。

予告では「カイジ」に注目。

一緒に観に行ってくれる男子、募集中(笑)

いなきゃいないで1人で行くけどさ。

「20世紀少年」を観終えて、日本映画の底力と可能性を感じました。

ここまでのキャスト的にも映像的にも最上級の作品が作れるんだし、かと思えば「サマーウォーズ」のような良質のアニメーションもある。

低予算でも心に訴えかけてくるような物静かでも強い力のある作品だってある。

日本に生まれてよかった(笑)

立川で食事をして、買い物をして帰宅。

今夜は美味しい魚屋さんで購入した鯵の塩焼きです♪

たまには海のものも食べないと、ね。

そして選挙は政権交代の様子で。

ちゃんと映画の前に投票してきたよ。

勝つのかなぁ~なんて思っていたけど、こんなに差がつくとは思わなかったし、意外な結果も様々です。

政権が代わり、この国はどうなるのか。

代わったら代わったで、すごいプレッシャーなんだろうね。

公務員制度も全面見直しとか言ってるらしいし、まだまだ注目です。

明日は夏休み最後の日。

台風が上陸するとかしないとか、そんな中での勤務。

新学期準備だわな、そりゃ。

|

« 掃除る | トップページ | 変更る »

文化・芸術・娯楽・趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/31184598

この記事へのトラックバック一覧です: 判明る:

« 掃除る | トップページ | 変更る »