« 稼働く | トップページ | GOEMON »

装飾る

いやぁ、今週はしんどかったです…

何と「学校公開」でございますよ。

公開出来るほどのことなんてしているのかしら??

ひとまず月曜日。

校長に「考える授業を」と言われていたので、ちょっと意識してみました。

3年生の少人数も始まりましたし。

3年生は一番上のクラス担当で、学年の先生からも「たくさん考えさせて、たくさん意見を言わせて」と言われていました。

授業をしてみて分かったけど、確かにそうやっていろいろ考えて意見を言える子達でした。

意見や考えがたくさん出てくるのは非常によろしいのですが、今度は逆に収拾がつかなくなりかねない。

特に3年生なんて、とにかく「こんな考えが、あんな考えが、こういうのは、あーいうのは…」という風に四方八方から際限なく出てきます。

うるさいくらいに。

たまに先の学習内容のことを言ったり、上手く伝えられず意味不明なことを言っていたりとホントに大変なことになりかねない。

結構面白い意見も出てきたりはするけど、意見は出たら出たで大変なんですな…

逆に4年生は少し考えるのが苦手な子ども達なので、実際の操作や視覚効果などを使いながら授業をしています。

自分の切り替えが大変です。

火曜日はクラブ活動があり、学校内に咲いている植物の花粉を採取し、プレパラートを作成して顕微鏡で観察しました。

顕微鏡の箱は、自分の体の方に向けて持ちます。

そうすると万が一蓋の閉まりが悪くても、体があるから開かないのです。

理科室の約束よ☆

子ども達も楽しそうに採取・観察をしていたのでよかったですね。

水曜日。

この日はいよいよ明日に迫った学校公開に向けて、教室内の装飾(掲示物)を作成しました。

学級の教室とは異なり児童の作品(書写や新聞)がないため、「何を」掲示するのかというところから始まります。

まずは「学級目標」にちなんで、こう、格言みたいなのを貼ろうと思いました。

算数のモチベーションというか、意識というか。

そういう時に思いついたのが「コマ大」でした。

問題を解く前のガダルカナル・タカの掛け声です。

あれ、いろいろ格言的なこともあったから使えないかな??

Wikiったらすぐに出てきました。

この中から使えそうなものを選び、模造紙に書き写しました。

「これ、何語??」ってのもあるけど、かっこいいからまぁいっか(笑)

「数学は芸術だ」なんて、いい感じじゃない!?

これだけだと物足りないので、先日の記事へのせーからのコメントにあった「ゆっくりと急げ」も使わせて頂きました(事後承諾)

いい言葉じゃないですか。

子ども達も「どういう意味??」とか言って反応してくれるだろうし♪

あとは壁の部分に学習した内容をまとめたものや小物を掲示すれば、それなりにいい感じになっていくかな??

既に体がへろへろなのは何とかしないと、ってことでスタ丼食べました。

気合いを入れて学校公開!!

木曜日、学校公開が始まりました。

初日から5、6年が新しい単元で新しいクラスってのも大変です。

でも分野は私の好きな「図形」になるので、芸術的な数学を意識出来たらいいな。

この日は悪天候だったのでそんなに参観もないかな、と思っていましたが、それなりに来ていました。

特に3年生は今年から少人数学習が始まるということもあるのか、それなりに盛況でした。

それに臆することなく、というか、ほとんど見向きもしないで授業をしてしました(笑)

授業の最後は教材として導入したゲームの得点王探ししてたし(爆)

それがいいのか悪いのかは分からないけど、私が向き合うのはあくまでも子ども達です。

そう考えたら緊張もあまりしなかったし、良くも悪くもいつもの姿が見せられたんじゃないでしょうか(^_^;)

毎晩の帰りもいつもより遅く、体力も限界に向かいつつあります。

図形の単元はノートを書かせるのが難しく、ワークシートが重要になります。

しかし学校に置いてあるワークシートが少なく、あるものでも手書きのものばかり。

ないものはもちろん作らなきゃいけないし、手書きのものもコピーすればズレが出てきてしまうため、どっちにしろ作り直す必要がある。

そんな訳でここのところは毎晩ワークシート作りに追われています。

立体なんかは平行四辺形を組み合わせて作らなきゃいけない(PCに入っている図形と教科書の図形の向きが異なる)ので…

垂直と平行は難しくはないけど、教科書の図を載せるためにコピーと格闘しなきゃいけないし…

この1週間自炊というものをしていません。

もっと先にこうなることを見越して、カレーを作っておくとか米をまとめ炊きするとかすればよかったな。

今日も疲れて遅くに帰宅したのでカップ麺とそろそろ食べなきゃまずそうな野菜を切り刻んで食しました。

食えれば何でもいいよ(笑)

教材研究をしているといつの間にか力尽きていて、気がついたら3時でした…

今週はこればっか。

電気代が心配(ToT)

金曜日、中日です。

今朝も昨日と同じく、両親からの宅急便に入っていた栄養ドリンク(頼んでもいなかったのに、こうなることを見越してたのか!?)を飲んで1日が始まります。

しっかり20時に効き目が切れて、動くのすら億劫になります。

でも、とりあえず子どもの前でしっかりしていられれば…

この日は3日間で唯一4年生の授業がある日でした。

私が新任だからなかなかの盛況ぶりでした。

これでどういう評価が下されるのかは、その時が来るまで分かりません。

一応ゆっくりと丁寧に出来たとは思うんだけどなぁ…

でもちょっと全体へのフォローは必要そうだな。

午後は研究授業がありました。

私は手動チャイム係とビデオ撮影係です。

授業の頭から撮影をしなきゃいけないのにチャイムも鳴らさなきゃいけない。

同居させちゃいけない仕事でしょうよw

何とかしたけどね。

夜は原菌に逆指名されたので二郎に行ってきました。

横で小ラーで限界がきて頑張ってる人がいました。

肉残しは大変だよ。

土曜日、休日出勤にして学校公開最終日。

今日を乗り越えれば!!

やはり土曜日は平日と入りが全然違う。

後で分かることですが、およそ200、200、400だったそうです。

全体の半分以上が今日の入りって(^_^;)

5年生「垂直と平行」では平行の定義をやりました。

「1本の直線に同じ角度で2本の直線が交わっているなら、その直線は平行」

これを利用した平行線の弁別ってのがあまり出来が良くない。

「平行であるならば1本の直線に同じ角度で交わる」これを使って弁別をするんだけど…どうやって指導すればいいかなぁ??

次回はそこからだな。

3年生は10倍、100倍のかけ算をやりました。

出来る子が多いから「0をとって計算してあとでつける」という模範回答がすぐに出てしまう。

でも「何でそんなことが出来るの??そんな数字出てきてないよ」と逆質問をすると明確に説明出来る子は少ない。

中には「そうやって決まってるからいいんだよ」とか言う子もいます。

そんな子には「決まってません、ちゃんと理由を示して下さい」と言っていじめていました(笑)

知識ばかりが先行して、考え方まで示さないってのはよくないでしょ。

ちゃんと「0を取った計算は10や100のまとまりを示した数での計算」ってことを抑えなくては!!

それがあってこその0のない計算ですから。

今日のノートでチェックして、厳しめにコメントしておこうかな(性悪)

6年の立体は、考え付く限りの立方体の展開図を描かせました。

図工なのか、算数なのか(笑)

そして授業が終了!!

そのままウィンドアンサンブルの保護者会へ。

ここに来るまで、既にいろいろと問題はありましたが、多くの保護者の方、特に5・6年の保護者の方がとっても協力的だということがヒシヒシと感じられました。

よろしくどうぞ。

5分で食事を済ませて職員会議。

「さっさとやって、さっさとゆっくり」が合言葉(笑)

校長も「今日は調整も入れて15時には帰れるようにしよう」と言ってました。

会議自体は15時前に終わりました。

やれば出来る(爆)

ただやはり翌週からの準備や何やかんやで結局学校を出たのは17時でした。

そんなに上手くはいかないな。

あぁ、これで長い長い1週間を乗り切った。

長いだけじゃなくて気疲れもするから、もうヘットヘトです…

そんな今日は思う存分飲めるということで、牛繁で飲み放題!!

豚ではなく、今度は牛に恩返ししてもらいます(笑)

お酒が、そして焼き肉がたまらなく美味しかったです。

これがあるからやっていけるんだ。

買い物をして帰ってきて、力尽きました。

日曜日、やっとお休み。

今日までの1週間で全然出来なかった勉強を取り返さなければ。

天気も悪い、ってか雨スゲ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

今夜は家でカレーを作り(作り置き含む)、それで飲もうか。

月曜日は土曜日分の振り替え休日です。

ちょうど1日だし、立川にGOEMONでも観に行って、リフレッシュしてからまた勉強をしようかな。

何で夜更かし出来る日曜日に限ってF1がないんだ…orz

|

« 稼働く | トップページ | GOEMON »

小学校」カテゴリの記事

コメント

…図は、テキストファイルへコピペしてご覧くださいw

フォントの都合で直線のはずのものが、
不連続な斜線の集合になってる…

投稿: ひびき | 2009年6月 1日 (月) 12時18分

算数科教育って本当は面白いのです、本当は。
(大学での教育で教えてもらえるかはさておき)


「1本の直線に同じ角度で2本の直線が交わっているなら、その直線は平行」

「直線同士の角度」って、狭いほうを取る決まりでしたっけ?少なくとも子どもは以下の図で「あ=い」とするのではなかろうか。

直線k     直線m
\        /
あ\う    え/い
―――――――――――直線l
   \  /
    \/
    /\


こうだったら「う=い」だし、確かに平行なのですが。
      /   /
    あ/う え/い
―――――――――――――
   /   /
  /   /
 /   /


つまり
「直線k、mが平行 →(ならば) 直線lに同じ角度で交わる」
というのは正しいのですが、逆(←)は正しくないのです。

恐らく言わんとしたいのは、
「同位角が等しい → k、mは平行」
なんですよね。
同位角、どう言い表して、伝えるか。

でもそういえば、平行線の簡単な書き方ってもう知っているのかな?三角定規2つでやるアレ。

 ちなみに証明は
 内対角(うandえ)を足したら180度になる
 ということが、背理法で平行線との矛盾で
 示せるはずです。


10倍の話は素晴らしい指導だと思うw
「分からない」とか「なぜ」って思う子どもを「仕方ないからそうするか…」ではなく「なるほど!」と思わせたいよね。
かく言う私は、個別指導塾の生徒やら中学生の甥っ子を(悪く言えば)実験台にしているのだけど、
説明が長いと「仕方ないから…」という雰囲気になるように感じる。


いやはや、勉強不足ですわ…。

投稿: ひびき | 2009年6月 1日 (月) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260951/29882759

この記事へのトラックバック一覧です: 装飾る:

« 稼働く | トップページ | GOEMON »